東西南北に適した部屋を配置

2017.6.13|注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

46-10

全てに東西南北の常識が当てはまるとは限りません。一例をあげますと、居室などの人が長時間過ごす部屋。

ある意味南東に面した、一日を通して気持ちの感じが好い採光が確保出来る場所に配置します。しかしていながら、その土地によりまして採光や通風の条件は様々なんです。

採光は気持ちの格好空間づくりに欠かせません。さらに、反対に採光が見込めない場所を正しくご存知おきましょうも大切なことなのです。

トイレや浴室などの水廻りは、北西の夕日が差し込む場所や採光がうまく確保できません場所に配置するのが一般的です。ですからには、一日(可能であるそしたら一年)を通して土地をよく観察して、ビジョンを膨らませておくこと。

嫌われがちな西日ですけど、もしその土地に西日を嫌われている植栽があれば、気持ちの格好採光に変えてもらえることもあるのですよ。間取りを考えるとき、一般に東西南北に適した部屋を配置することから始まります。

気持ちの素敵採光が得られる住まいにするようには、ここから暮らす土地で、どの位置が一日を通して気持ちの感じが好い場所かを知ること必要です。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。