マンション機能を維持

2017.7.14|リフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

46-01

住民の意思や住みやすさ、リノベーション工事に求めてるものを優れたコンサルタントは、がっちりととらえたうえで、様々な提案をしてくれますが、住んでいる立場や現実的予算はそもそも、やはり管理組合で決めるべきものだからデス。そこで、初年度で何もわからないころは結論ですが、なるべくコンサルタントに何でも相談し、さまざまな意見をもらうと好いと思います。

力強いサポートを行ってくれるのが、そこでリノベーションコンサルタントの存在デス。ちなみに、コンサルタントに何もかもお任せになってしまうと、その分、現実的ことを言うと、コンサルティングにかかる料金がかさんでしまうという一面もあります。

ただ工事の段取りをするだけでなく、リノベーションは、住民間での合意形成や広報など、さまざまな業務が発生しますし、コンサルタントはその大変さもわかってくれますので、できる範囲でのアドバイスはしてくれるでしょう。やっぱり何でも専門的な知識を持ってるプロフェッショナルな方ならば、相談をしたくなってしまいますが、すべてをコンサルタントに任せっきりになってしまうのも問題がありますヨね。

ただ、10年~15年に一度の頻度でしかマンションのリノベーションは行わないものですし、「慣れていて、スムーズにできる」という方はなかなかいらっしゃらないのではないでしょうか。マンション機能を維持し、資産価値を下げないためにもマンションのリノベーションは、シッカリと取り組まなくてはいけないものです。

実際住んでいる人が住みごこちや住民の求めていることは、一番分かる、というのも真実です。ただ、「どこまでコンサルタントの方に関わってもらったらいいの?」という、殆どのマンションの管理組合の方が迷うのが、依頼の範囲ではないでしょうか。

専門知識を建築とかマンションの維持に関して持ってるリノベーションコンサルティングは、サポートとして、計画立案から業者選び、発注をしたあとの施工管理のチェックなどに関してもしてくれますので、特別はじめてのリノベーションの際は心強い存在となるでしょう。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。