木造住宅の年間の保険料

2017.6.16|注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

46-09

木造住宅の年間の保険料は、鉄筋コンクリート構造や鉄骨構造の住宅に比べて約2倍ほどかかります。万が一の場合は、避難するまでにたっぷりな時間を儲けることが出来る構造なんです。

また、木材は芯まで燃え尽きるまでに意外と時間が掛かります。鉄筋コンクリート構造なら、火事でも燃えないのだというわけではないです。

木造住宅は火災がおっかなびっくりからと避ける方がおられますが、火災に対しての最大の違いは、延焼を防ぐ能力の差です。さらに、木=燃えるものというビジョンから、木造住宅の火災に対しての弱さは心配されがちですよね。

ただし、木造住宅は火災に脆弱と言いましても、火事が起こってしまえばその構造に問わない、大々的なリフォームもしくは建て直しが必要となるのでしょう。木造住宅は、鉄筋コンクリート構造の住宅に比べれば、火災に華奢といえます。

ある意味、火災保険の金額からもうかがい知れます。外装に防火サイディング(外壁の仕上げ材)や軒天材、防火戸を用いることで、延焼を防ぐ役割を果たせくれるでしょう。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。