ドクターとナース

乳癌は早期治療ができれば治る病気|検査方法を知っておこう

  1. ホーム
  2. 乳癌の治療方法

乳癌の治療方法

看護師

どのようにして治療するか

乳癌は女性が発症する癌です。乳癌は乳管という場所で発症するのがほとんどで、30代の女性が一番発症率が高いとされています。このように、女性なら誰しも発症する可能性のある病気ですが、早期発見をし、治療を行わなければ肺や骨などに転移する確率が上がってしまいます。乳癌の初期症状に胸のしこりや乳腺のひきつれがあります。そのような症状が出たら必ず検診に行くようにしましょう。乳癌を発見した場合には手術を行うのですが、発見した時の癌の大きさによって治療方法が変わってきます。癌小さい場合には、癌になっている部分だけ切除することになりますが、癌が大きくなってしまっている場合には、手術は大変なものになります。また、治療後の薬物療法も大掛かりなものになってしまいます。しかし、乳癌に使用する薬物は基本的に副作用の少ないものである為、体への負担は他の癌治療の際に比べて、とても軽減されます。最近では、免疫細胞療法という治療法もあります。この療法は最近注目されてきている治療法で、副作用がほとんどないことが特徴です。また、対象となる癌も初期のものからかなり進行しているものまでを対象としているため、幅広い乳癌患者に適応されます。この方法では、目には見えないような癌や癌が転移するのを防止できるので、これからもっと大きな注目が集まるでしょう。まだ、免疫細胞療法を行っている医療機関が少ないため、あまり知られていないのが現状です。