副業をするなら確定申告についても知っておこう

副業をするなら確定申告についても知っておこう

女性

副業も確定申告が必要?

最近ではネットオークションやアフィリエイトなど本業以外の収入を得ている方が多いのではないでしょうか。本業以外の収入が発生する副業は、原則として確定申告を行わなければなりません。サラリーマンの場合、社内のコンプライアンスの関係で副業が禁止されているケースがありますが、そうでない方は副業をしているのであればきちんと確定申告をしましょう。

ウーマン

確定申告が必要な条件

副業をしている場合、すべての人が確定申告をしなければならないわけではありません。確定申告しなければならないかどうかは、その人の立場によって異なります。例えばサラリーマンやパート勤務の主婦が副業を行った場合、副業の収入が20万円以下であれば確定申告は必要ありません。専業主婦の場合は、38万円以下であれば確定申告をしなくても大丈夫です。

手

確定申告が必要な理由

本業の職場で副業が禁止されていない場合は、副業を始める人も多いでしょう。その場合は、きちんと確定申告をしましょう。副業先から給与所得として支払いを受けている場合、副業の分の住民税が本業の会社に通知されてしまう可能性がありますが、確定申告をしていれば自分で納付する普通徴収にしてもらうことができます。

確定申告と年末調整の違い

確定申告とは

確定申告とは、1月1日から12月31日までの1年間の所得を計算して、所得税を申告納付する手続きのことをいいます。確定申告は所得が確定してから申告をするので、所得税を後払いで納付することになります。

年末調整とは

会社員や公務員は毎月一定の金額の所得税を差し引きされて給与が支払われています。この給与から差し引かれた所得税は年末調整によって納税額の過不足を調整しています。したがって年末調整は先払いした分を精算する働きがあります。

広告募集中