ドクターとナース

乳癌は早期治療ができれば治る病気|検査方法を知っておこう

  1. ホーム
  2. 放射線や抗がん剤治療

放射線や抗がん剤治療

女医

乳房温存法による治療

乳癌は増加傾向にありますが、比較的早期に発見して、適切な治療を受けると予後が良いのが特徴になっています。乳癌と診断された人は不安を感じている人が多いので、どんな治療法なのか知っておきたい人が増えています。ゼロ期の非湿潤がんは、細胞内に留まっている状態なので、しこりを感じることはほとんどないため、乳房温存法による治療が可能になっています。従来の手術に比べると乳房を切除する部分が少なく、体に負担が少ないのが特徴になっています。しこりが大きい場合は、乳房温存法による治療は受けられないので、大胸筋や小胸筋を残して、乳房全体を切除したり、リンパ節の部分も取り除く場合があります。現代は医療技術が向上しているので、以前に比べると切除する部分が少なくなっています。外科手術を行った後は、再発を防ぐために、抗がん剤による化学療法を行う必要があります。抗がん剤は局所部分だけでなく、全身に効果のある治療法ですが、多少の副作用が見られる場合があります。内服薬や注射などの治療を行って、経過観察をします。乳癌治療の中でも、放射線療法は大変ポピュラーな治療になっています。放射線療法は局所的ながん細胞の増殖を抑えたり、死滅させる効果が期待できるので、定期的に治療を行っています。乳癌は進行すると湿潤がんになってしまい、血液やリンパの流れに沿って、転移をしやすくなります。進行がんの場合でも、体に負担の少ない治療を行っている病院も増えているので、医師のアドバイスを受けてみると良いでしょう。